内職生活のすすめ
HOME ・・ LINK ・・ SITEMAP

リアル内職とは

ネット内職の次は、「リアル内職」についてみていこうと思います。知ってそうで知らない・・・そんな「リアル内職」の世界をのぞいてみましょう!

リアル内職

一般的な内職、あるいは在宅ワークを

「リアル内職」

といいます。ネットを使った内職「ネット内職」に対して、リアル(現実)の世界での内職・・・と考えていいでしょう。

内職は家事の片手間にラベル貼りや宛名書きなどを行い、収入を得る方法です。大きく分類すると、アルバイトの一種になるかも知れません。

なお、内職の正式名称は

「家内労働者」

といいます。厚生労働省の家内労働者実態調査によると、全国の内職人口は約25万人にも上るとか。そのうち大阪府が2万2,705万人、東京都が2万2.640万人、ついで愛知県、静岡県、三重県となっています。

男女比は5:95と女性が圧倒的に多く、

内職=女性の仕事

というイメージそのものです。

なお、人気内職の1位は皮革製品製造業、2位は金属製品製造業、3位は繊維工業となっています。

リアル内職のしくみ

内職のやり取りは、

1つの加工あたりの単価

を取り決めることから始まります。取り決め単価に了承した内職をする人の自宅へ、内職業者が加工してほしい商材を配達し、期限になればそれを業者が集荷し、検品作業をしてはじめて「商品」となります。

内職者は、その出来高に応じて

「契約報酬」

を受け取ることができるのです。

本当に安全なの?

「内職」そのものには何の危険性もありません。

しかし、内職を斡旋する業者に悪質なものが多くみられ、これを

「内職商法」

といいます。ここでは、悪徳業者か否かを見分ける方法をご紹介しましょう!

異様に高い報酬

一般的に、リアル内職の収入は少ないとされています。

時給に換算すると、平均200〜300円くらいでも良い方といえるでしょう。それにも関わらず、時給1,000〜2,000円と謳っている業者はまず怪しいと思って間違いありません。

なぜか費用が生じる

お金を稼げるはずなのに、逆にお金(登録料など)を請求された・・・

という場合は疑ってみてください。

業者は「すぐに元が取れる」といいますが、お金が必要な場合はまず怪しいと思って間違いありません。また、

「この資格を取らないと仕事は与えません」

などという業者もあるそうですが、これも同様です。

一般に、内職をするにあたって資格が必要などということはなく、登録料をとるなんてことはもってのほか。悪徳業者を見分ける際、これは大きなポイントになるでしょう。

会社概要や所在地などがおかしい

会社に実態がない、工賃が異様に低い・・・

という場合は怪しいと思っていいでしょう。各都道府県では最低工賃が設定されているので、労働局などに問い合わせてみるのもいいかも知れません。

収入はどのくらい?

内職はほとんどの場合が

「出来高制」

なので、やってみないとわかりません。しかし、いずれも時給に換算すると200〜300円といったところでしょう。

また、安定した収入を望むのは極めて困難といえます。内職は日によって任される量が違い、ある日はまったく仕事がなく、ある日はこなせないほどの量がくる・・・なんてことはよくある話です。

もちろん、信用をもたれれば安定した仕事をくれる会社もありますが、それでも収入は月2〜3万円といったところ。

内職=ラク

というイメージがあるようですが、これは大きな間違いです。

納期やノルマを課せられることもあり、想像よりはるかに大変な作業といえます。

なお、厚生労働省によるとリアル内職の収入は20,000〜40,000円が38%と最も多く、40,000〜60,000円は19%、10,000〜20,000円が14%となっていて、平均収入は月46,822円だそうです。

こうしてみると一見多いように感じますが、専業でやっている人や男性の内職者も含んでいるため、実際よりも数値が大きくなっていると思われます。

どのような仕事であっても「お金を稼ぐ」というのは大変なことで、内職も同様です。

▲ このページの上にもどる